眠翁道安
みんおうどうあん

→千道安(せんどうあん)
天文15年(1546)〜慶長12年(1607)。安土桃山時代の茶人。千利休の実子。利休から堺の家産を継いだが、利休自刃後の動向については不明な部分が多い。茶の湯にすぐれた技量をそなえ、少庵と比較された逸話も多く残っている。

表千家不審菴 閉じる