世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

村田珠光「心の文」

武野紹鴎『山上宗二記』より

千利休『逢源斎書』より

その1

その2

その3

その4

その5

千道安「茶の湯道歌」より

千宗旦「元伯宗旦文書」より

千宗旦「茶杓絵讃」より

江岑宗左「江岑宗左茶書」より

千少庵
   「少庵の事績 京都と会津」

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

千利休 『逢源斎書』より その4
易茶之湯ニ被参、中立候テ花入ニ花入候つるを被見候テ、
此坊主ニ久しくあわぬと被申候、
【大意】
宗易(利休)がある人の茶の湯に行かれ、中立(休憩)のあと、(後座の床の)花入に花が入れられているのを見て、「この坊主に久しく会っていないな」と申された。

江岑宗左(利休の曾孫)の聞書き『逢源斎書(ほうげんさいしょ)』に見える利休の逸話です。
この茶会に同座した人たちは、利休が何を言っているのか不思議に思っていたところ、茶会がすんでから、利休は「勝手(水屋)に池坊が居るはずである。ここへ出てきなさい」と言いました。つまり、利休は花を見て、それは池坊が入れた花であることを見抜いた話です。最後に「不思議なことだ。花を見ただけで、誰がいけたかを申された」と記されています。ここに登場する池坊は華道池坊初代の専好で、安土桃山時代にいけばなの名人として活躍し、元和7年(1621)に81歳という高齢で没しています。
前ページ 次ページ
千利休を読む
Japanese Tea Culture

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.