世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

村田珠光「心の文」

武野紹鴎『山上宗二記』より

千利休『逢源斎書』より

その1

その2

その3

その4

その5

千道安「茶の湯道歌」より

千宗旦「元伯宗旦文書」より

千宗旦「茶杓絵讃」より

江岑宗左「江岑宗左茶書」より

千少庵
   「少庵の事績 京都と会津」

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

千利休 『逢源斎書』より その5
利休料理人一通と申者在之候、膳ニふささんせう一通置申様ならぬと休御申候由ニ候、
【大意】
利休の料理人に一通という者がいた。膳に房山椒を置くのに、一通がするようにはできない、と利休は申された。

江岑宗左(利休の曾孫)の聞書き『逢源斎書(ほうげんさいしょ)』に見える逸話です。
利休の料理人に、一通(「いっつう」と読むのでしょう)という人がいましたが、茶の湯の料理の膳に房山椒(ふささんしょう)を盛りつけるのがたいへん上手であったようです。利休は、この人がするようにはできないと言って感心したという話です。
実際、一通がどのように房山椒を置いたのかは記されていませんが、量の加減や盛り方において絶妙なバランス感覚を持っていた人だったのでしょう。また、この話は利休が一通に感心したという話ですが、逆に、そうしたところに着目した利休の鋭さを示す話でもあるように思われます。
前ページ 次ページ
千利休を読む
Japanese Tea Culture

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.