世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

村田珠光「心の文」

武野紹鴎『山上宗二記』より

千利休『逢源斎書』より

千道安「茶の湯道歌」より

千宗旦「元伯宗旦文書」より

千宗旦「茶杓絵讃」より

江岑宗左「江岑宗左茶書」より

千少庵
   「少庵の事績 京都と会津」

随流斎『随流斎延紙ノ書』より

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

千道安 「茶の湯道歌」より
茶湯こそせぬ人もなき手すさミのこゝろのするハ世にもまれなり
【大意】
茶の湯を手すさみでする人はいくらでもいるが、茶の湯の心をもってする人はごく稀である。

千道安の「茶の湯道歌」といわれるもので、掛物として表千家に伝わっています。「手すさみ」は「手すさび」ともいい(「手遊」と書きます)、「退屈をまぎらわすための手なぐさみ」という意味です。道安は、茶の湯が隆盛する世間の風潮から一歩距離をおき、茶の湯における「心」の大切さをこの歌に詠んだのでしょう。
道安は千利休の実子として、天文15年(1546)に生まれました。しかし、京都の千家は利休の後妻の連れ子である少庵(道安と同年の生まれ)が継ぎました。利休が自刃したのち、道安の動向について詳しくわからない時期はありますが、堺の利休の家産を継いで、茶人としての生涯を送り、慶長12年(1607)に没しています。
次ページ
千道安を読む
Japanese Tea Culture

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.