世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

村田珠光「心の文」

武野紹鴎『山上宗二記』より

その1

その2

千利休『逢源斎書』より

千道安「茶の湯道歌」より

千宗旦「元伯宗旦文書」より

千宗旦「茶杓絵讃」より

江岑宗左「江岑宗左茶書」より

千少庵
   「少庵の事績 京都と会津」

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

武野紹鴎 『山上宗二記』より その1
連歌之仕様ハ枯かしけ寒かれと云(中略)茶ノ湯ノ果ハ如此有度物をな
【大意】
連歌の境地は「枯かじけ寒かれ」というが、茶の湯の極意もまたそのようにありたいものだ。

千利休の高弟、山上宗二(やまのうえそうじ)が書いた『山上宗二記』に見える言葉です。 武野紹鴎に茶の湯を学んだ辻玄哉(つじげんさい)が紹鴎の言葉として語ったといいます。玄哉は京都の有名な連歌師で、茶人でもありました。
『山上宗二記』には、武野紹鴎は三十歳まで連歌師で、三条西実隆(さんじょうにしさねたか)より藤原定家の歌論書『詠歌大概(えいかたいがい)』を伝授され、茶の湯を分別して名人になった、と記されています。
若き日の紹鴎は、京都に住んで、公家の三条西実隆に歌学を学んでいます。実隆は古典や歌学にすぐれ、室町時代を代表する知識人でした。実隆の日記である『実隆公記』には、紹鴎がしばしば登場し、紹鴎は実隆からさまざまな歌学を伝授されています。
次ページ
武野紹鴎を読む
Japanese Tea Culture

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.