世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

覚々斎

  不二の絵賛

  象画賛

  槌臼絵賛

如心斎

  待宵

これまでの掲載文

表千家の茶事

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

覚々斎 「象画賛」より
鼻やかに 日本にきわす 菅の笠
覚々斎筆「象画賛」に書かれている句です。

享保13年(1728)6月、ベトナムから二頭の象が日本にやってきました。そのうち雄の一頭は翌享保14年3月、長崎を出発して江戸に向かいます。4月には京都で中御門(なかみかど)天皇の天覧に供し、5月末には江戸に到着して、徳川八代将軍吉宗公がご覧になりました。
覚々斎の句の「鼻やか」は「華やか」とかけており、「日本にぎわす」とあるように、象の到来は日本中で大きな話題となったのです。

前ページ 次ページ
象画賛
覚々斎筆「象画賛」
Japanese Tea Culture

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.