世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

花所望について

今日の花

季節の花

表千家不審菴:吹上菊   表千家不審菴:貴船菊
吹上菊   貴船菊(別名 秋明菊)
名残り   「名残り」という美しい響きを持った王朝時代からの言葉があります。惜別の情を表した言葉でもありましょう。茶の湯では、名残りとは昨年の秋に口封を切って取出し、茶臼で挽いて使い始めた葉茶が茶壺の底に残り少なく寂しくなって来た、というこの季節の情景をまず言います。また、夏の太陽を一身に受けて咲き誇った多くの木槿達も、今や小さな花を残すのみとなり、野の花も勢いを失い、打萎れて寂々とした姿を見せています。夏の季節の花達にとっても名残りと言えます。しかし、そんな中にも枯草の中に健げに咲く吹上菊を見つけてほっとさせられます。
Japanese Tea Culture 花所望 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.