世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

花所望について

今日の花

季節の花

表千家不審菴:花所望
花所望   茶の湯の花は茶室でその季節を最も端的に表現できるものの一つです。その茶室の花について、茶の湯の習いの中に「花所望(はなしょもう)」と呼ばれるものがあります。
茶室で花入に花を入れる時、亭主は季節の喜びを最も感じとれるので、茶の湯の中の楽しみの一つです。「花所望」とは、その花を入れる楽しみを茶室の客に譲るという作法です。まず由緒ある花入を使った時とか、客から見事な花を頂戴した時などに使われます。床の上に用意した花入の横に、花を盛った花台を添えておき、席入りして来た客にその花入に花を入れていただくように所望するということになります。
ここでは、京都に今日咲いている花をお目にかけ、用意した花入に活けて頂けたらと思います。ぜひ花を通して客人をもてなす茶の湯の気分を味わってください。
Japanese Tea Culture   今日の花

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.