世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

これまでの連載文

花所望

表千家不審菴:利休をたずねる
表千家不審菴:台子飾り
台子飾り
利休七人衆
秀吉の茶堂として利休の立場は確かなものとなり、多くの武将たちが利休の門人となったと伝えられます。
後に千家四代の江岑の書には、その中でも特に7人をあげ利休七人衆としています。
1、蒲生氏郷  2、高山右近  3、細川三斎
4、芝山監物  5、瀬田掃部  6、牧村兵部
7、古田織部
台子の相伝を受けたことによるとして、台子七人衆また利休七哲などとも呼ばれます。
蒲生氏郷は利休没後の千家再興に寄与したことにもよるのか第一番にあげられています。
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.