世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

利休の作意

利休の花入

永代寄進状

小田原出陣

橋立の壺

千家の再興

これまでの連載文

花所望

表千家不審菴:利休をたずねる
本法寺前屋敷

秀吉は京都に聚楽第を築き、ここを中心として京都の街の改造を始めます。堺より京に出た 少庵は、始め大徳寺前に住したとされますが、天正10年以後に二条衣棚に屋敷を構えます。 この地は日蓮宗妙覚寺のあったところですが、寺は天正11年に移転し、その後にここに 住んだものと思われます。
その地も釜座通が突抜けて新しい町割りとなるため、天正18年に替地として今の本法寺前の 土地を与えられたといわれます。
本法寺は日蓮宗の本山で、本阿弥一族の寺として知られ、住職は日通上人。上人は堺の油屋 一族の出身であり、利休の師北向道陳に縁のあった人と思われ、また画家長谷川等伯を指導 した人としても知られ従姉妹が等伯の妻になっています。
本法寺前に替地が決まったということについては、本法寺の口添えがあったという伝えが寺 にあるということですが、以後この地が千家代々の屋敷となるのです。
本阿弥光悦筆「本法寺」の扁額
本阿弥光悦筆「本法寺」の扁額
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.