世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

利休の作意

利休の花入

永代寄進状

小田原出陣

橋立の壺

千家の再興

これまでの連載文

花所望

表千家不審菴:利休をたずねる
表千家不審菴:表千家表門
表千家表門
千家の再興
利休没後、会津より帰京した少庵が本法寺前に千家を再興します。茶席は利休の不審菴、残月亭など型としても利休の茶の継承が行なわれます。
少庵の子、宗旦は終生仕官せず侘茶に徹した生活を送り、晩年隠居して今日庵に住いします。
その子で代を継いだ4代江岑宗左は、紀州徳川家に茶堂として仕官し、利休流の茶を継承します(表千家)。
また宗旦の四男仙叟宗室は今日庵を継ぎ(裏千家)、二男一翁宗守は別家して武者小路に官休庵をひらきました。
この流れが今も三千家として続き、利休以来の茶は現代まで受けつがれています。
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.