世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

これまでの連載文

利休をたずねる

花所望

茶室への誘い 玄関
表千家不審菴:本玄関と内玄関

内玄関と本玄関

門をくぐり供待を通り過ごし、左にくの字に曲がる延段に添って歩くと加茂川真K石を一面に敷き詰めた玄関に到る。ここが本玄関といわれるところである。
直線的な延石や方形の飛石などの角張った切石の続きに、丸い真K石のほっとした組合が足下を軽やかに進ませることになる。治宝(はるとみ)侯をお迎えしたのもこの玄関であったという。以来特別な来客のみをお迎えする玄関として、日頃は障子を開けることはない。ただ当時とは玄関の位置も変わっている。
その左横に、木戸口と内玄関と呼ぶ常の玄関がある。内玄関は後に紹介する松風楼が建てられた時に、稽古人の出入り口として、また一般の来客用として建て増されたものであろう。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.