世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

これまでの連載文

利休をたずねる

花所望

茶室への誘い 玄関
表千家不審菴:天明大火前 不審菴露地之図 堀内不識斎筆

天明大火前 不審菴露地之図 堀内不識斎筆

その火災前の古図によると、門は今よりはもう少し北で、残月亭が現在の玄関あたりにあり、その南側に不審菴が引っ付いて建てられている。この時の玄関は西側にあり、東に向かって入るようになっていた。
ただ天明大火の後はしばらく火事前と建物の位置は変わっていなかったようだ。
ところが十代吸江斎31才の嘉永元年(1848年)に描かれたという古図では、茶席や露地の配置がまったく違い、現在の千家とほとんど同じ構成となっている。
吸江斎時代の古図に載っている玄関が、竹を横に渡した濡れ縁の式台のようで、現在の本玄関と同じ構えであったのかもしれない。
治宝侯をお迎えしたのは、この玄関であったろうか。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.