世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

これまでの連載文

利休をたずねる

花所望

茶室への誘い 外腰掛から
表千家不審菴:外露地の大塵穴

外露地の大塵穴

下腹雪隠:

下腹雪隠

外露地の北の端に、半坪ほどの小さな建物がある。下腹雪隠(げふくせっちん)である。 不審菴内露地にある砂雪隠(飾雪隠)に対して、実際に使用できる便所である。 今や難解な物であるが、下種瓶(げすがめ)という厠に埋めて使う瓶に、藁むしろを敷いて実際に用を足すように準備しておく。茶事ごとに新しいのと敷き替えるのである。母屋と離れての場所であるから、客に対する配慮であろう。
下腹雪隠の近く外腰掛の左側に、方形の実に立派な塵穴がある。表千家外露地の大塵穴として、夙に有名である。 黒い加茂川石が大きく縁取りに添えられ覗き石となっている。掃き残った塵を落とし込み、竹箸で摘み上げるというのが、元々の使い方であったのか。今も茶事では青竹の箸を一膳落とし込んで添えることになっている。しかも少し枝葉を残しておく。 これから春になると、露地に敷かれた松葉を少しずつ上げていく。その最後に塵穴に残すとも。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.