世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

これまでの連載文

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の菓子

うずら餅
鶉餅

京の街の餅屋では道明寺を使って表面がブチブチとなっている餅菓子をうずら餅といいます。鶏の羽を取り去った皮の表にはその穴のあとが凹凸になっています。よく鳥嫌いの人はこのために鳥を口にしない人が多い様です。如心斎も鳥肌がお嫌いであったと聞いています。従って如心斎好のうずら餅は、スムーズな餅皮で出来ています。うずらのような楕円形をして、中央に焼き目の筋が入っています。如心斎の祥月命日に催される「天然忌」には、この菓子が用いられます。
千家茶の湯を、利休居士の感性を頼りとして、オーソドックスな本流として定着させ、揺るぎない基礎を築かれたのは、如心斎であります。その功績を特に讃えて天然忌が催されます。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.