世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

花見団子

柏餅

落とし文

水無月

琥珀糖

笹栗

これまでの連載文

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の菓子

花見団子
円山公園のしだれ桜

円山公園のしだれ桜

京都には桜の名所は沢山あります。早咲きは少ないのですが、それぞれの伝統もつ桜が各所にあります。4月初めだけではありません。しだれ桜は多少遅咲きで長く楽しむ事が出来ます。ことに京都の西の方、御室の仁和寺の桜は八重の遅咲きで4月中下旬になります。 「花より団子」の言葉にいうように、花をめでるよりも、花の木の下で団子を食べるというよりは、むしろ賑々しく酒宴を催すことに主眼があった様に思います。 かつては、そのために数日前から場所取りをして、桜の花を後回しにして、盛大に酒盛りをしているのを見かけました。上野公園などでは、今も新入社員が朝早くから場所とりをするということです。「花冷え」というように、まだこの時期は寒く、お酒を十分に飲まないと収まりません。いろいろの機会が増えたせいか、昔ほど盛大でないのは多少淋しいことではあります。

 
Japanese Tea Culture 前ページ次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.