『松屋会記』
まつやかいき

奈良の漆屋松屋源三郎家の久政、久好、久重親子三代にわたる他会記を集成したもの。天文2年(1533)から慶安2年(1650)にわたる3巻から成る。
起筆年月が古く、茶の湯全盛時代のことであり、貴重なものである。原本は散逸し、現在知られているものは写本である。

表千家不審菴 閉じる