世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

これまでの連載文

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の菓子

ぜんざい
ぜんざい

寒い日の夜咄(よばなし)などの前茶(ぜんちゃ)の菓子などに用いられます。
小豆の粒をのこしながら煮て、餅や白玉などが入れられています。
本来の茶の湯の菓子には、採りたての黒文字1本が添えられますが、これだけでは食べにくい場合、料理を供する時の箸は使わずに、杉楊枝を添えます。使ったあと、自らの口に触れた黒文字は残し置かずに持ち帰るのが礼儀であります。同様に杉楊枝は使い捨てであるため、折って返すといいます。いにしえの慣習も味わい深いものがありますが、現代では資源保護の立場から許されるものではありません。使い捨ててであった趣旨をいかしながら、丹念に洗い清めて再使用するのにやぶさかではありません。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.