世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

これまでの連載文

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の菓子

粽
粽

本来保存食で、中華料理にもその名があります。紀元前中国の戦国時代に始まるといいます。中国の故事に因んで、日本でも5月5日の端午の節句の菓子となりました。
川端道喜は永正年間(1504-21)から餅屋を始め、毎朝御所に供御(くご)の餅を献上するなど、京都の餅屋を総括する役目を果たすのみならず、禁裏に関わる食事一切の統括をあずかりました。天正5年(1577)の禁裏築地修造では作事奉行をつとめ、私財を投じました。 道喜の粽は希望者が多くなかなか入手困難ですが、厳選された笹と丁寧な仕上げで他に追従を許さない特徴があります。味はもちろんですが、笹をはずしてみますと、細い側の先まできっちり羊羹地や水仙地が埋まっています。粽のみならず、御所に献上する菓子が今も伝えられております。花びら餅などもその一つです。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.