世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

これまでの連載文

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の菓子

葛焼
葛焼

6月にも入ると蒸し暑い日々も続きます。茶湯にも涼しそうな水菓子が好まれそうですが、梅雨が明けるまでは、水菓子を使うことを許されませんでした。そこで水気の多い葛の菓子を、そのまま使わず、小麦粉を付けて、火であぶって焦げ目を付けてから、冷たくして使います。消毒・殺菌がもともとの目的です。その趣向が梅雨のうっとうしい時候の楽しみでもあります。
料理屋で、かつおの叩きも消毒であるといったら、これは殺菌ではなく香り付けであると怒られました。生活環境ことに衛生管理が時代とともに変化すると本来の意味もわからなくなってしまいます。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.