世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

これまでの連載文

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の歳時 ひなまつり
立雛の絵
立雛の絵 汾陽正子画 而妙斎賛「桃花笑春風」
北野天満宮では梅が咲き誇り匂いに満ちた梅花祭が終わる頃、上巳(じょうし)の節句が近づき桃が咲き誇ります。

二月の下のひと日に 生出て
    はやくも匂ふ 桃の初雛

ふるとしの 桃乃初雛にほひそふ
   なを三千年の 春そ祝はん

どちらも了々斎が自身の娘・お昭の節句の際に詠まれた詩にあたります。「二月の…」は以前にも書いた雛画賛に用いられているもので、「ふるとしの…」も同じく節句の際に詠まれたものです。こちらは了入がお昭にお祝いとして膳椀を贈られた際にとの文章と桃の画が添えられています。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.