世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

表千家の茶事

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

これまでの連載文

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

花所望

茶の湯の歳時 名残
茶の湯の歳時 名残
如心斎・川上不白・中村宗哲合作 御霊会連句
10月は名残(なごり)の頃となります。
開炉を控えたこの時期、茶壺の茶葉の残りを意識しながら行う名残の茶事を催す方も多いでしょう。
名残の茶事は口切の頃より使用してきた茶壺の茶葉が少なくなり古茶によって秋の名残を感じ楽しむことです。現代では美味しい茶葉が容易に手に入る為、中々この気分を味わう事は叶わないと思います。茶事の形式としましては、正午の茶事とかわる事なく取り立てて特別に用意する道具もありません。ただ晩秋を楽しむ事となります。

読み下し
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.