世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

これまでの連載文

花所望

表千家不審菴:利休をたずねる
表千家不審菴:菊桐棗一双
菊桐棗一双
利休居士号

信長没後、秀吉の茶堂となった利休は、秀吉の天下統一と共に多くの働きをします。
特に秀吉は天正13年9月に禁裏において茶会を催すことになり、後見として利休を同道することになります。
この折、無位無冠の利休に禁中より居士号を賜ります。
当日、禁中小御所において秀吉自ら正親町天皇親王公卿方に茶を献ずるのですが、利休居士も伺候し終日茶を献じます。
利休はこの茶会に際し、菊と桐の紋の棗を好みます。これは禁中に献上されますが、これが利休好みの代表的な菊桐棗です。
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.