世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

砂雪隠

不審菴へ

不審菴

残月亭

九畳 七畳 無一物

家元の稽古と茶室

これまでの連載文

利休をたずねる

花所望

茶室への誘い 家元の稽古と茶室
表千家不審菴:松風楼

松風楼

家元の茶席というのは、人をお招きして茶事をする席と、稽古場と考えられる席に大きく分類できます。 により好まれた七畳の席と惺斎宗匠の時代に建てられた八畳の松風楼、また新席が後者に当たると考えられます。こうした茶席で行なわれる家元の常の稽古は、普通の先生方がなさる稽古と違っています。

Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.