表千家不審菴:茶の湯 こころと美 Chanoyu Omotesenke Fushin'an表千家不審菴:はじめに表千家不審菴:新着情報表千家不審菴:資料編表千家不審菴:茶の湯 こころと美 総もくじ

世界の喫茶文化

茶の湯の伝統

利休の茶の湯とその流れ

茶室と露地

形とふるまい

茶の湯の道具

茶の湯の楽しみ

静聴松風

茶人のことば

表千家の茶事

内弟子「玄関」の一年

茶の湯の歳時

茶の湯の菓子

茶室への誘い

利休をたずねる

利休の作意

利休の花入

永代寄進状

小田原出陣

橋立の壺

千家の再興

これまでの連載文

花所望

表千家不審菴:利休をたずねる
桂籠花入

「花は野にあるように」また「一色か二色かろがろと生けたるがよし」といわれる茶席の花。
この花を生かし茶席との調和をめざした利休がとりあげたのがこの籠花入です。
桂籠と呼ばれるように、それまで使用されていた唐物などの重厚な籠から桂川の漁師が魚を捕るときに用いた魚籠(びく)をとりあげたのです。ここには日用の雑器といえる品物の中に美を見出す、後の民芸の先駆けといえる利休の美意識があります。
茶席の床壁の中釘にこの花入を掛け、野山の花を生ける美しい調和は今も我々の心をうごかします。
桂籠花入 香雪美術館蔵 ※禁無断転載
桂籠花入
香雪美術館蔵 ※禁無断転載
Japanese Tea Culture 前ページ 次ページ

表千家不審菴:表千家不審菴のこと

表千家からのご案内表千家北山会館表千家不審菴:ご覧になられての感想表千家不審菴:お問い合わせ
表千家同門会のこと
Copyright© 2005 OMOTESENKE Fushin'an Foundation. All Rights Reserved.